競馬雑感

キャロットクラブを中心に一口馬主のことを語ります。POGのことも。

【2017年産駒】ディープインパクト産駒は高いので、それに近い血統の馬に一口行ってみたい僕の注目馬1

f:id:puriketsudaimao:20180519214420j:plain

 

2018年のクラシック第1戦は牡馬牝馬ともに新種牡馬が躍進し、ディープインパクト産駒は馬券に絡めず後塵を拝する結果となりました。明日はオークスで、改めてディープインパクト産駒が台頭する可能性はありますが、種牡馬は世代交代の様相を呈して来ています。

 

とは言っても海外でも活躍するようになったディープインパクト産駒。今後も超優秀な肌馬がつけられることでしょう。まだまだ産駒は魅了的です。

 

ただ、今年クラブで募集されるディープ産駒は種付料3000万円のプレミア価格。どんなに出来が良くなくても3000万円を超える馬代金は確実です。要は超コスパ悪いということですね・・。では少しでもディープインパクトに近い、それでコスパ良い血統の馬に一口行きたいと考えると選択肢はディープインパクト産駒の種牡馬、もしくはウィンドインハーヘアの子どもの種牡馬につけられた子どもということになります。

 

そこで自分の備忘録を兼ねて注目1歳馬をピックアップします。自分はキャロットクラブと東京サラブレッドクラブの会員なので、このあたりに来そうな馬が注目馬のメインになります。測尺情報が無い状態なので、あとあと変わる可能性高いです。

 

 

puriketsudaimao.hatenablog.com

 

 

 

ディープブリランテ産駒(母ラヴアンドバブルス 母父 LoupSauvage)

種付料 100万円

 

レイズアンドコールの2017(母父サクラバクシンオー)牝

京王杯2歳S勝利、朝日杯FS2着のモンドキャンノの妹。兄はキンシャサノキセキ産駒で完全にスプリント仕様でしたが、ブリランテを父にしてマイルくらいが良いかもしれませんね。

 

トリプルアクトの2017(母父Theatrical)牡

ブリランテは社台系のサンデーレーシング所属でしたが、生産はパカパカファーム、そのパカパカファームで生産された馬ということで注目です。血統の字面だけで言えば、ブリランテにヒシアマゾンをつけたって感じですかね。

 

 

トーセンホマレボシ産駒(母エヴリウィスパー 母父 ノーザンテースト

種付料 100万円

 

ピンクアリエスの2017(母父キングカメハメハ)牡

ヴァーミリアンスマートファルコンディープブリランテとお買い得な種牡馬につけているキャロットのハイコスパ肌馬ですね。大活躍は無いものの手堅く兄姉は勝利あげていますね。この馬もお手頃価格でキャロット入りするのでは無いでしょうか。

 

ビジュートウショウの2017(母父ディープスカイ)牡

母の母はスイープトウショウです。母父はディープスカイノーザンファーム生産とは何ともワクワクさせる血統ですね。

 

 

トーセンラー産駒(母プリンセスオリビア 母父 Lycius)

種付料 70万円

 

スウィートテイルズの2017(母父キングカメハメハ)牡

母の母はブルーメンブラッドなのでキャロットクラブに来るかもしれませんね。全弟スピルバーグの影響か種付数はあまり多くは無いみたいですが、それでもノーザンがラーにつけたというのがちょっと臭います 笑

 

 

次は初年度産駒になる父ディープ種牡馬の注目馬をあげたいと思います。

 

 

 

p>

 

【2017年産駒】ディープインパクトの後継種牡馬はどの馬になる?

f:id:puriketsudaimao:20180519214420j:plain

 

2018年の桜花賞ロードカナロア産駒のアーモンドアイ、皐月賞オルフェーヴル産駒のエポカドーロが勝利しました。桜花賞は2着オルフェーヴル産駒、3着はルーラーシップ産駒、皐月賞は2着ルーラーシップ産駒、3着スクリーンヒーロー産駒とこれまでのクラシック常連だったディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒が馬券圏内に入らないという結果になりました。ロードカナロアルーラーシップキングカメハメハ産駒なので、父父としてはキングカメハメハは大活躍ですが、ディープインパクトはまだまだ産駒が種牡馬として活躍できていないのが現状です。そろそろディープインパクトも後継種牡馬が出て来てほしいところです。

 

それもそのはず、2018年春の時点では3歳で引退したディープブリランテトーセンホマレボシしか父ディープで活躍している種牡馬がおらず、今年の2歳も父ディープの新種牡馬トーセンラーしか出て来ていません。カナロアやオルフェのように肌馬に恵まれた状況でも無いと思うので、モーリスやキタサンブラック級の馬が出ない限りは種牡馬価値は上がりにくいでしょう。

 

ここですでに種牡馬デビューしたディープインパクト産駒をまとめてみます。

 

ディープブリランテ(母ラヴアンドバブルス 母父 LoupSauvage)

2013年種付料 120万円 現4歳 205頭 重賞勝ち セダブリランテス

2014年種付料 120万円 現3歳 170頭

2015年種付料 120万円 現2歳 135頭

2016年種付料 100万円 現1歳 88頭

2017年種付料 100万円 現0歳 148頭

2018年種付料 200万円

 

トーセンホマレボシ(母エヴリウィスパー 母父 ノーザンテースト

2013年種付料 50万円 現4歳 134頭 重賞勝ち ミッキースワロー

2014年種付料 50万円 現3歳 110頭

2015年種付料 50万円 現2歳 135頭

2016年種付料 100万円 現1歳 104頭

2017年種付料 70万円 現0歳 22頭

2018年種付料 50万円

※受胎条件

 

トーセンラー(母プリンセスオリビア 母父 Lycius)

2015年種付料 70万円 現2歳 64頭

2016年種付料 70万円 現1歳 38頭

2017年種付料 70万円 現0歳 71頭

2018年種付料 70万円

※受胎条件

 

キズナ(母キャットクイル 母父 StormCat)

2016年種付料 250万円 現1歳 269頭

2017年種付料 250万円 現0歳 212頭

2018年種付料 350万円

 

スピルバーグ(母プリンセスオリビア 母父Lycius)

2016年種付料 100万円 現1歳 101頭

2017年種付料 100万円 現0歳 58頭

2018年種付料 150万円

 

リアルインパクト(母トキオリアリティー 母父Meadowlake)

2016年種付料 80万円 現1歳 139頭

2017年種付料 80万円 現0歳 112頭

2018年種付料 80万円

 

ミッキーアイル(母スターアイル 母父ロックオブジブラルタル

2017年種付料 30万円 現0歳 49頭

2018年種付料 30万円

 

ダノンシャーク(母カーラパワー 母父Cearleon)

2017年種付料 150万円 現0歳 147頭

2018年種付料 150万円

 

サトノアラジン(母マジックストーム 母父 StormCat)

2018年種付料 100万円

 

 

ディープインパクト自体の種付料金が4000万円と劇的に高いというのもありますが、息子たちの種付料は不思議とどれもお手頃価格に見えますね 笑

3歳で引退していればかなりの種付料になってたであろうサトノダイヤモンドマカヒキ種牡馬入りが確定的でしょうが、それでも初年度は300万円くらいまでに料金落ち着くでしょう。

 

2018年の一口出資で関係してくるのは上からリアルインパクトまでです。短距離〜マイルで活躍した馬が多いですね。種付料金と頭数を考えたら普通に考えたらキズナが一番期待値が高いんですかね。

 

次回は上記産駒の1歳で個人的に注目している馬をあげたいと思います。

 

 

 

p>

 

2018年募集&出資に向けて

 

5・6年ほど一口馬主やってますが、自分は基本的に儲けていません(笑)まだ重賞も勝っていません。何口もボンボン出資できるほど生活には余裕ないので、1年に1〜2頭に一口出資する程度です。自分は今の所400口のクラブです。これは完全に自分ルールですが、出資金の上限は合計20万円としています。一口20万円の馬ならそれの一口が上限。一口5万円の馬なら4口まで、こんな感じで決めています。価格通りに走ってくれたら良いんですが、走ってくれなかったら高額ほどショックが大きいですからね(笑)

 

2018年5月時点で現役の持ち馬は・・。

 

■キャロットクラブ

・クルークハイト(クロフネ×ヴァイスハイト BMSアドマイヤベガ)4歳牝

・シーリア(キングカメハメハ×シーザリオ BMSスペシャルウィーク)3歳牝

・ガルヴィハーラ(ゴールドアリュール×ポロンナルワ BMS Rahy)2歳牡

 

東京サラブレッドクラブ

・レッドウィズダムキングカメハメハ×プレシャスラバー BMSペンタイア)5歳牡

・レッドクライム(ハーツクライ×デライトポイント BMSトウカイテイオー)4歳牡

・レッドエンヴィー(ジャスタウェイ×スタイルリスティック BMS Stormcat)2歳牡

 

3歳はシーリアが7000万円とかなり高かったので東サラには出資していません。ちなみに気になっていたのはレッドサクヤでした。ま、後だしですね 笑

 

今年の1歳募集はキャロットで未勝利で引退したアルギュロスという馬の初仔(ロードカナロア牡馬)がいるのですが、もしキャロットで募集されたら母馬優先権を使って一口行く予定です。ただ、未勝利の馬はキャロットで募集されにくくなっているので、募集されなかったらどうしようかと考えています・・。東サラはちょっと考えていることがありまして・・また改めてブログ書こうと思います。